トラブルが発生したら弁護士に相談【法律の先輩がレクチャー】

Divorce lawyer

離婚の相談

successful lawyer

離婚の原因には様々なものがあります。例えば、よく聞く性格の不一致も大きな原因になっています。離婚を有利に進めてもらうためには、弁護士に相談して最善な解決方法を提案、手続きをしてもらう事が必要です。

Read More

借金の返済のし過ぎ

professional lawyer

過払い金とは、いわゆるグレーゾーン金利で発生したお金のことで、本来であれば金融業者に返す必要がなかったお金のことです。これらは弁護士に相談しておくことで返してもらう手続きを進められます。

Read More

相続の解決

professional lawyer

仲が良かった兄弟同士が、亡くなった親の遺産相続をきっかけにして、仲違いしてしまうことが実際によくあります。るべく早い段階で専門家に相談して、適切なサポートを受けるようにするのが望ましいです。

Read More

相続の問題を解決

初回なら無料で相談をしていますよ。離婚の弁護士を探しているなら離婚専門の弁護士事務所に相談をしてみましょう。土日でも対応できますよ。

法律的なトラブルは避けたくても避けれない場合があります。交通事故は弁護士に相談をすることで、解決へと繋がります。

生前に財産を家族に相続させる

professional lawyer

相続の権利は、被相続人が亡くなった後に自動的に残された家族に付与されるものであるため家族が特別に何かする必要がありません。 しかし、相続には必ず被相続人の財産に対して税金がかかることになるのです。 財産に対する税金は、遺された財産が多ければ多いほど支払う金額も大きくなるため早い段階で対策をしておくことが大切なのです。 効率的な手段は、生前に家族に対して財産を継承させておくことです。 法律的には生前相続という言葉は存在しませんが、贈与という形で家族に対して継がせることが可能です。 財産と税金とのバランスを考えたときに、生前にこのような処置をしておいたほうが遥かに税金が安くなることがあります。 費用などは必要ないため、できるだけやっておくことが大事なのです。

贈与は決めたらすぐに行動すること

生前相続にあたる贈与をするときには、なるべく早い段階で行動を起こすことが大切です。 実は、こうした生前相続の代替となる贈与に関しては多くの人がやっているという側面があるため、行政からある程度の対策が取られています。 贈与をした人物が贈与をしてから三年以内に亡くなってしまった場合には、その贈与は相続財産と同じに扱われてしまうのです。 そのため、贈与をするときにはそうと決めたときから始めなくてはいけません。 贈与に関してこのような規定が存在するのは、こうすることによって税金を安くすることが出来るからに他なりません。 贈与は契約をするだけで良く、お金を別途手続きで支払う必要がないため相続では非常に便利な手段なのです。

返済が終わった後でも過払いがあれば返還を請求することができます。生活に必要不可欠なお金は正しい知識を得てムダをしないようにしましょう。

離婚に関するお悩み事はコチラのカウンセラーさんに相談しましょう。より良い今後を考える道しるべが見つかるかもしれませんよ。

家庭の事情は誰かに相談しにくいものです。離婚相談を名古屋で専門的に行っている弁護士事務所もあるので悩む必要はありません。